スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重複チェックエディタ的な

ちょっと配列に物凄い量のpushして、且つ内容が重複しないようにしたい事があったんですけど、なんか専用のツールとか無いっぽい雰囲気だったので、AS3.0に慣れるためにもFlashで自分用に作ってみまんた。

重複チェックエディタ

エレメントヘッダに
「 _array.push(' 」

エレメントフッタに
「 '); 」

で、pushしていきたい文字列をエレメントインプットに入力してエンターを繰り返して使ったりできます。

配列にpushしまくる以外に用途あるかな?
よく分かんないけど、なんか用途とか見つけたらお使いくだしあ
スポンサーサイト

JS、HTML、CSS、SWFフォントサイズのテスト

ちょっとCSSやHTMLやフラッシュのフォントサイズの違いを調べる必要があったので、思い切って色々作ってみました。

初めてのjavascriptやAS3.0に挑戦してみたよ。
AS3.0はflashDevelopで作ってみたよ。昔はもうAS3.0のイメージが全然つかなくて手が出せなかったけど、最近AS2.0でもデザインよりもスクリプティングを重点的に頑張ったおかげか、やっとちょっと手が出せるようになってきたよ。

作ったのはこちら。
「JS、HTML、CSS、SWFフォントサイズテスト」

JSはx-smallとかx-largeの値を入れた時の大きさ 1~7まで
HTMLは<font size>の値を入れた時の大きさ 1~7まで
CSSは style="font-size:"の値を入れた時の大きさ 単位(pxとかptとか)の入力も必要 1~∞
SWFはTextFormat.sizeの値を入れた時の大きさ 1~127まで

ソースコードはこちら

続きを読む

getKeyCode

ちょっと作りたいツールでキーボード制御が必要だったので、ほぼ初のKeyクラス関連のスクリプトを書くこととなりました。
3年間マウスイベントしか取った事無かったってのも凄い話だよね。ホントすいません。

で、どのキーが押下されたかってのを調べるための、キーコード取得系の簡単なフラッシュ作ったり。


getKeyCode
http://yasurageruheya.web.fc2.com/Tool/getKeyCode.html


何するフラッシュか、って言ったらフラッシュ領域クリックしてからどっかのキーを押下すると、そのキーに対応したキーコードってのを表示するよー、ってだけです。
たった5行のスクリプトです。今書いてるこの記事の方が倍以上長いです。

ほぼ自分用に作ったものですが、キーコード調べたいーって方いましたらよろしければどうぞ。

他のサイトにいくらでもありそうだけどね。

ランダム単語組み合わせ先生

なんか作りました。

ランダム単語組み合わせ先生
http://yasurageruheya.web.fc2.com/Tool/word_assortment.html


もしよろしければ、なんかお題をランダムに組み合わせて行うゲームとかにご利用ください。



ランダムに選出されたワードを使って、短文を作りなさい。
ワード群:
汽車,ピザ,水道,割烹着,麻雀,スカイプ,感情,30円,潤滑油,意識,片目,むしろ,スウェット,中指,第2関節,キャタピラー,スカイダイビング,お姉さま,あごひげ,虫歯,滑舌,飛行機,土踏まず,虎,10月,葉っぱ,帽子,単純,ズームイン,便器,田中,言語バー,消しゴム,音量,ポンプ,財布,手提げ袋,灰皿

以上の単語から3つとか4つとかをランダムに選びたい場合とかね。

最近だとpixivでいくつかのお題を組み込ませたイラストを描け、なんていう企画もあるみたいだし。

「運」測定器

「運」測定器をなんとなく作ってみました。
http://yasurageruheya.web.fc2.com/Tool/luck_test.html

なんで作りたかったかって言うと、とりあえず「運」を数値化出来たりしないかな、っていうよく分からない好奇心でした。
で、俺自身そこら辺の学者とか研究員に比べて頭悪いし、めんどくさがり屋で恥ずかしがり屋なので、ただ乱数を表示して、それを記録してく、っていうだけのWebツール?です。ツールと呼ぶのもおこがましいかもしれん。

クリックした時、高い数字が出た、とか低い数字が出た、っていうのよりも、平均で 5000 以下なのか以上なのかがどちらかと言うと重要なんじゃないかなぁ、と個人的に思ってます。

「自分は平均が5000以上だから運が良い方なのかも」
「自分は平均が5000以下だけど、みんな5000以上の人達ばっかりだから、自分の方が希少価値あるかも」
「10000出せた。今日はいい事があるかも」
「8出せた。今日は運使い果たしたかも…」

なんていう感じで使っていただければ。
まあ数字の高い低いに関しての捉え方人それぞれだから、やってみた人はあまりネガティブにならないようにしましょう(´・ω・`)

で、アルゴリズムに関してなんですがFlashのActionscriptで乱数を出すって言ったら「Math.random()」っていう関数を使うんですけれども、この乱数が実は擬似乱数だった場合、パソコンが計算した結果出してる乱数だとなんか「運」って感じがしないので、配列に1000個乱数を入れたら、そっから㍉秒(0~999)番目の値を取り出す、っていう形にしてみました。
それって意味あんの?って聞かれたら、意味があるかどうかは分からない、としか言いようがありません(`・ω・´)
ただなんとなく感覚的に、完璧な乱数に近い乱数(?)を取得出来てる気がする、って事です。
Amazon
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
Flashゲームサイトリンク
クリエイターズサイトリンク
お友達リンク
その他リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。